個人事業主がクレジットカード審査に通るには

個人事業主がクレジットカードを発行するには、起業をしてからの年数が重要になります。
法人カードでは企業から2年以上は必要です。
できれば5年以上あった方が良いでしょう。
個人向けクレジットカードでも、同じくらいの年数が必要のようです。

また個人事業主のクレジットカード審査は、固定電話の有無が重要になります。
現在は携帯電話だけでも、ビジネスが成り立つという業種も多いでしょう。
店舗を持たないフリーランスなどの個人事業主なら、固定電話の必要性は感じないかもしれません。
しかしクレジットカードの審査で固定電話がないのは、本当に個人事業主なのか?と疑われる原因となります。
実は無職なのに個人事業主として申込をしているのではないか?と思われてしまうのです。
また携帯電話しかない場合、連絡が付きづらくなる可能性も出てきます。
携帯電話番号を変更してしまえば、クレジットカード会社からの連絡を無視して支払いをしない…ということもできるのです。
実際にこういったケースは多く、クレジットカード会社も警戒を強めているようです。

法人カードでは固定電話がないと審査通過できないものもあります。
個人事業主は信用をしてもらうためにも、固定電話は合った方が良いでしょう。