個人事業主はクレジットカード審査が厳しくなる

法人カードの審査は、個人向けクレジットカードよりも厳しいと言われています。
特に個人事業主は、審査通過が厳しくなる傾向にあるようです。

この理由は個人事業主は、収入が不安定になる可能性が高いためです。
会社員は毎月決まった金額を、お給料としてもらうことができます。
しかし自営業というのは毎月○○円と収入が決まっているわけではなく、月により波があるのが当然です。
全く収入がないという月がないとも限りません。
また経営が悪化することにより、廃業をしてしまう可能性もあります。
そうなるとクレジットカードの返済能力はゼロとなってしまいます。
資金繰りに困ると返済ができなくても、クレジットカードを使ってしまうとも考えられます。
貸し倒れのリスクがあるとクレジットカードは発行されませんから、個人事業主は審査通過が難しくなるのです。

法人カードを発行するには、経営が安定している個人事業主である必要があります。
赤字経営ではなく黒字経営であることを証明して、クレジットカードに申込みをしましょう。
法人カードの申込時には、数年分の確定申告書などの提出を求められます。
これにより経営が安定していることを証明できれば、個人事業主でも法人カードの発行ができます。